【2023年秋】コロナワクチン、インフルエンザワクチン。おすすめの接種時期は?|草津栗東みらい内科クリニック|栗東市小柿の内科、呼吸器内科

〒520-3024 滋賀県栗東市小柿7-9-11 滋賀中央ビル2F
077-551-5060
WEB予約 デジスマ診療のご案内
ヘッダー画像

ブログ

【2023年秋】コロナワクチン、インフルエンザワクチン。おすすめの接種時期は?|草津栗東みらい内科クリニック|栗東市小柿の内科、呼吸器内科

【2023年秋】コロナワクチン、インフルエンザワクチン。おすすめの接種時期は?

クリニックでは今秋、コロナワクチン(令和5年度秋開始接種)とインフルエンザワクチンの接種を行います。

「インフルエンザワクチンは何月に接種するのがいいの?」

「コロナワクチンとインフルワクチン、どちらを先に接種するべき?」

など、接種について迷われている方も多いのではないでしょうか

結論から言うと、今年(2023年)はコロナワクチンとインフルエンザワクチンのいずれも「なるべく早めに」接種することをお勧めします。

新型コロナウイルスの流行状況(2023年9月時点)

新型コロナウイルスは流行が始まった2020年以降、患者が増えたり、減ったりする「波」を作り出しています。それはウイルスが「より感染しやすいように」変異する度に流行の波が作られるためと考えられています。

現在は2023年5月ごろから始まった「第9波」の真っただ中にあります。クリニックにも連日多くの発熱患者が来られており、コロナウイルス検査の陽性率も高い状況にあります。

この秋、新型コロナワクチンの予防接種はどうする?

現在流行中の変異株はXBB株、EG5株が主流です。令和5年秋開始接種で使用される「XBB対応ワクチン」は、XBB株はもちろんEG5株にも有効が期待できるワクチンです。

現在、流行の真っただ中にありますので、なるべく早めに接種されることをおすすめします。特に、今年の5月以降に新型コロナウイルスに感染していない方は感染予防、重症化予防のためにワクチン接種をおすすめします。

インフルエンザの流行状況(2023年9月時点)

例年インフルエンザの流行は11月下旬~12月初めごろから始まることが多く、毎年11月ごろにインフルエンザワクチンを接種されていた方が多いのではないでしょうか?

しかしながら、コロナ流行後からインフルエンザの流行状況は大きく変化しました。

コロナ禍が始まった2020年秋以降、インフルエンザはほとんどゼロと言っていいほど見られなくなりました。これはコロナ禍でマスク着用や行動制限など感染対策が広まったためと考えられています。

そして2023年1月から4月にかけて3年ぶりにインフルエンザの流行がありました、その後流行のピークは過ぎたものの、夏になってもインフルエンザ患者はいなくなることはなく、9月に入り再び増加傾向にあります。

インフルエンザワクチンの接種はいつがおすすめ?

9月上旬には流行入りの目安となる「定点医療機関当たりの報告数=1」を上回り、インフルエンザは流行シーズンを迎えています。当クリニックに来られる発熱の方の中にもインフルエンザ患者が増えてきたのを実感しています。

今シーズンのインフルエンザ流行は例年よりもかなり早く、ここ数年インフルエンザの流行が少なかったことから、この秋冬は大流行になる可能性もあります。

そのため、インフルエンザワクチンの接種は「なるべく早く」がおすすめです。当クリニックでは、10月2日からインフルエンザワクチン接種を開始する予定としていますので、接種をご検討していただければと思います。

インフルエンザワクチン、コロナワクチンどちらを先に接種すればいい?

現在、コロナウイルスは流行の真っただ中にありますので、コロナワクチン接種は可能な限りなるべく早く済ませることをおすすめします。しかしながら、今年はインフルエンザの流行も例年より早いと予想されているため、インフルエンザワクチンも例年よりは早めに接種された方がよいでしょう。

今秋のコロナワクチン接種は全年齢の方が対象となっていますが、65歳以上の高齢者から優先的に接種券が届くようになっています。まだ接種券が届かない比較的若い方は先にインフルエンザワクチン接種を済ませておいてもよいかもしれません。

ちなみに、インフルエンザワクチンとコロナワクチンは接種間隔をあける必要はありません。翌日の接種でも、同日の接種も可能ですし、どちらを先に接種しても問題はありません。

当院でのワクチン接種は

当院での新型コロナワクチン接種は920日から、
インフルエンザワクチンの接種は102日から開始します。

どちらも、WEB/アプリから予約可能で、お電話でも受付でも予約を承っております。
ご希望の方は是非当院での接種をご検討ください。

 

草津栗東みらい内科クリニック 院長 梅谷 俊介
・日本内科学会 総合内科専門医
・日本呼吸器学会 呼吸器専門医